汚れは放置厳禁!?オーブントースターのお掃除方法と汚れ対策

汚れは放置厳禁!?オーブントースターのお掃除方法と汚れ対策

お掃除コラム 2021年6月23日

パンを焼いたりお料理したりするのにも便利なオーブントースター。

「汚れてきたけどまだいいか…」なんてついついお掃除を先延ばしにしてしまいがちですよね。

しかし、トースターの汚れをそのままにしておくのは厳禁。汚れを放置すると落としにくく、ガンコなコゲ汚れになってしまいます。

コゲがついたままのトースターで調理するのはなんだか不衛生。どうせならキレイなトースターで調理したいものです。

そこで、今回はトースターのお掃除方法について解説します。

1 トースターはなんで汚れるの?

そもそもトースターが汚れてしまうのは、食材のカスや調理時に飛び散ったりこぼれてしまった油・調味料が原因です。

使い終わってすぐお掃除をすれば、フキンなどでサッと拭きとるだけでカンタンにキレイにできます。

一方でやっかいなのが焦げついてしまったガンコな汚れ。熱を使って調理するトースターは、汚れをそのままにしておくと鍋やフライパンのように調味料や食材が焦げついてなかなか落とせないやっかいなコゲ汚れになってしまいます。

さらに、コゲ汚れは嫌なニオイの元になってしまうことも…。調理に使うトースターから嫌なニオイがするなんてあまりいい気分ではありませんよね。使う気も起きなくなってしまいます。

そうならないためにも、トースターのお掃除はとっても大切なのです。

2 トースターのお掃除には重曹が効果的

今回ご紹介するのは「重曹」を使ったお掃除方法です。汚れを「中和」して落とすのがお掃除の基本。

そしてトースターについてしまう食材のカスや油・調味料、コゲなどの汚れは「酸性」の汚れです。そんな酸性の汚れに効果的なのが「アルカリ性」のお掃除アイテム。

弱アルカリ性のお掃除アイテム重曹は、トースターにつく酸性の汚れのお掃除に最適です。さらに重曹には素材を傷つけない絶妙な研磨効果があるのもポイント。ガンコなコゲ汚れもしっかりと落とせるのです。

今回は汚れにしっかりと貼りつく泡タイプの重曹『GN 重曹泡スプレー 400ml』を使ってお掃除していきましょう。液だれしにくくてトースターの壁面のお掃除にもとっても便利です。

それではさっそくお掃除方法をみていきましょう。

3 トースターのお掃除方法

一口にトースターのお掃除といっても、お掃除する場所は1箇所ではありません。

トースターのお掃除が必要な場所は、大きく分けて下の3つ。

  • 内側・外側
  • 網・受け皿
  • ヒーター

お掃除に必要なものは『GN 重曹泡スプレー 400ml』、フキン、ラップ、キッチンペーパーの4つ。

網・受け皿は分解できるタイプのトースターの場合、お掃除の前にとり外しておきましょう。

そしてお掃除を始める前に、まずはトースターの素材の確認することが大切です。注意しなくてはならないのが、トースターがアルミ製の場合。アルミ製品は重曹を始めとしたアルカリ性のものに弱いため、使用すると変色、腐食する原因になってしまいます。

あらかじめトースターの説明書を確認しておくと安心です。

それでは順番に見ていきましょう。

3-1 内側・外側

トースターの内側・外側のお掃除は『GN 重曹泡スプレー 400ml』をスプレーしてフキンで拭きとるだけ。トースターの扉のガラスが使われている場所は、傷がつかないようにキッチンペーパーでやさしく拭き上げましょう。

重曹をスプレーして拭きとっただけでは落ちない汚れがついていた場合は、パックがおすすめです。

汚れがついている場所に『GN 重曹泡スプレー 400ml』をスプレーし、ラップでパックしてから1時間ほど放置しましょう。

時間が経ったらラップを剥がし、フキンで拭きとったらお掃除完了です。

3-2 網・受け皿

トースターの網・受け皿のお掃除は重曹パックがおすすめ。

焦げつきがひどい場合はお掃除の前にヘラを使って削り落としておきましょう。

  1. ラップを敷き、あらかじめとり外しておいた網と受け皿に『GN 重曹泡スプレー 400ml』をスプレーしましょう。
  2. スプレーした上からラップで包み込んでパックし、1時間放置して下さい。
  3. 時間が経ったらラップを剥がし、キッチンペーパーで汚れを拭きとりましょう。
  4. 汚れが残っていた場合は再度、手順1からパックし直しましょう。
  5. 汚れを拭きとったらお掃除完了です。

3-3 ヒーター

ヒーターのお掃除はトースターの内側・外側と同じく、『GN 重曹泡スプレー 400ml』をスプレーしてフキンで拭きとるだけです。ただし、ヒーターは割れやすくデリケートな場所なため、お掃除には注意が必要。

ゴシゴシとこするのは避け、やさしく拭きあげましょう。

4 トースターの汚れを予防する

トースターって汚したくないけれどお掃除は面倒ですよね。

そんなトースター、実はアルミホイルを敷いておくだけのお手軽な方法で普段のお掃除をカンタンにできます。

アルミホイルを敷くのは網と受け皿。食べ物を直接のせて温める網や、食材・パンのカスが落ちる受け皿は汚れがたまりやすい場所です。そこにアルミホイルを敷いておくことで食品のカスはもちろん、油や調味料で直接トースターが汚れてしまうのを防げます。

ポイントは隙間なくアルミホイルで網や受け皿を包むように敷くこと。

使い終わったらアルミホイルを捨て、使用するときは再びアルミホイルを敷いておくだけです。たったこれだけの方法でトースターの汚れを予防できます。

まとめ

今回はオーブントースターのお掃除についてご紹介しました。

トースターの汚れは放置するとガンコなコゲ汚れや、嫌なニオイの元になってしまうため、早めのお掃除が大切です。

そんなトースターのお掃除に効果的なのは「重曹」。「酸性」の汚れを中和させ、キレイに落としてくれます。

そして汚れをあらかじめ予防するためには、使用前に網と受け皿にアルミホイルを敷いておくのが効果的です。

関連するコラム

RELATED POSTS

ONLINE STORE

【激落ちくん】のご購入は
お近くの小売店又は下記サイトにて

レック公式オンラインストアで購入する アマゾンで購入する 楽天で購入する

OTHER LEC BRANDS

レックの展開するその他のブランド