冷蔵庫のお掃除場所チェックリスト!これ1本で冷蔵庫がお掃除できる?

冷蔵庫のお掃除場所チェックリスト!これ1本で冷蔵庫がお掃除できる?

お掃除コラム 2021年5月3日

冷蔵庫は食品カスや飲み物をこぼした跡などで汚れてしまいがち。食品を扱う場所だからいつもキレイな状態にしておきたいですよね。

しかし、いざお掃除となると庫内の食材を出す必要があったり、場所によってお掃除の方法を変える必要があったりとかなり面倒。「分かってはいるのだけれど、冷蔵庫のお掃除と聞くとなかなか気が進まない…」なんて方も多いのではないでしょうか。

そんな汚れやすくてお掃除が面倒な冷蔵庫だからこそ、普段からこまめなお掃除を心がけておきたい場所ですよね。

そこで今回は冷蔵庫のお掃除が必要な場所から、1本で冷蔵庫を丸ごとお掃除できるおすすめのクリーナーまでご紹介します!

1 冷蔵庫のお掃除するべき場所リスト

冷蔵庫のお掃除するべき場所リスト

冷蔵庫をお掃除する上で必ず知っておきたいのが、「そもそもどこをお掃除すれば良いのか」ということ。一口に冷蔵庫のお掃除と言っても、庫内だけをお掃除すれば良いというわけではありません。

家具にホコリが溜まったり、冷蔵庫の取っ手に皮脂汚れがついたりするように、冷蔵庫外にだって汚れがついてしまうんです。

それではさっそく冷蔵庫のお掃除が必要な場所をみていきましょう!

1-1 冷蔵庫内

冷蔵庫内

冷蔵庫のお掃除と聞いてまず始めに思い浮かぶのが冷蔵庫内ですよね。

「すでにどこをお掃除すれば良いか知っている」なんて方もいるはず。しかし、実はお掃除を忘れてしまっている場所が意外にも多いのです。

お掃除に備えて今一度チェックしてみましょう!

  • 冷蔵庫内
    冷蔵庫のお掃除といえば冷蔵庫内。普段からお掃除している方も多いはずです。しかし、壁面や天面は意外と見過ごしてしまいがち。庫内全体をくまなく拭き掃除しましょう。
  • チルドルーム・野菜室
    特に肉や魚介類を入れるチルドルームは、食材から出た油で汚れてしまいがちです。拭き掃除だけで済ませるのではなく、食品カスなどもしっかりとり除くのがお掃除のポイントです。また、野菜のカスが溜まりやすい野菜室も忘れずにお掃除しましょう。
  • トレー
    トレーも冷蔵庫内と同じく、普段からお掃除している方が多いはず。トレーと一緒にケースや、ふたなども忘れずにお掃除しましょう。冷蔵庫から外せる場合は、ときどきしっかりと水洗いするのがおすすめです。
  • ドアの内側
    冷蔵庫のドアの内側には飲み物を立てかけて置いておくことが多いですよね。気づかないうちにこぼした飲み物の跡が、普段から入っている牛乳パックなどで隠れてしまっていることも。物をとり出してしっかりとお掃除しましょう。
  • パッキン
    冷蔵庫のお掃除の中でも見落としがちなパッキン。しかし、パッキンは特に結露がつきやすい場所です。結露や汚れをそのままにしておくとカビが生える原因になってしまうことも…。そんなパッキンは普段のお掃除と一緒にかるく拭きとるなど、こまめにお掃除しましょう。

1-2 冷蔵庫外やまわり

冷蔵庫外やまわり

前述の通り、冷蔵庫外にもホコリや皮脂汚れがつきます。冷蔵庫は食材を扱う場所なだけに、庫外やそのまわりもキレイにしておきたいところ。

それではさっそく冷蔵庫外やそのまわりのお掃除が必要な場所をチェックしていきましょう!

  • 冷蔵庫の上
    冷蔵庫の上はホコリが溜まりやすい場所。しかし、背の高い冷蔵庫を使っているお家だと溜まったホコリになかなか気づかないなんてことも…。ドアを開けた拍子に舞ったホコリが冷蔵庫内に入っていたらと思うとあまりいい気分ではありませんよね。こまめに確認し、お掃除を徹底しましょう。
  • 冷蔵庫の取っ手
    冷蔵庫の取っ手につくのは、主に皮脂汚れを始めとした油性の汚れ。冷蔵庫の取っ手は冷蔵庫を開け閉めする際はもちろん、調理中にも触る場所です。そのため手についていた調理油がついてしまうことも…。汚れが増えてしまわないよう、普段から意識的にお掃除をしておきましょう。
  • 冷蔵庫の裏
    冷蔵庫の裏やコンセントまわりも冷蔵庫の上と同様に、ホコリが溜まりやすい場所です。コンセントのまわりに溜まったホコリは、そのままにすると火事の原因になってしまうことも…。普段からホコリをしっかりととり除いておきましょう。また、カバーがついている冷蔵庫と床の間もホコリが溜まっていることがあります。お掃除と併せてこまめに確認し、ホコリが溜まっていたらとり除きましょう。

2 冷蔵庫のお掃除手順

冷蔵庫のお掃除手順

そもそも冷蔵庫につくのは、油汚れを始めとした「酸性」の汚れです。そんな冷蔵庫はアルカリ性のクリーナー『水の【激落ちくん】400ml』を使ってお掃除するのがおすすめ。水から作られたアルカリ電解水100%のクリーナーだから、食品を扱う冷蔵庫のお掃除でも安心して使えます。そして除菌・消臭効果を持っているのも冷蔵庫のお掃除に嬉しいポイント。冷蔵庫内・庫外が1本でお掃除できるクリーナーなのです!

  1. 冷蔵庫のお掃除は上に溜まったホコリから
    冷蔵庫のお掃除はまず、上から下へとホコリが溜まっている場所のお掃除から始めましょう。お掃除の基本「上から下へ、奥から手前へ」を守ってお掃除するのがポイント。低い場所からお掃除を始めてしまうと、高い場所をお掃除した際にホコリや汚れが落ちて、もう一度低い場所のお掃除が必要になってしまいます。
  2. 冷蔵庫のまわりのお掃除
    冷蔵庫の上のお掃除が終わったら、次は冷蔵庫の裏側やコンセントまわり、冷蔵庫と床の間のお掃除をしましょう。冷蔵庫の上と同じく、冷蔵庫まわりもホコリのお掃除がメイン。コンセントまわりのホコリはそのままにすると火事の原因になってしまうため、徹底してお掃除しましょう。
  3. 冷蔵庫の取っ手や庫内は『水の【激落ちくん】400ml』を使ってお掃除ホコリがとり除けたらさっそく冷蔵庫のお掃除。『水の【激落ちくん】400ml』を汚れに直接スプレーして拭きとるだけで油性の汚れがスッキリと落とせます。一方で、あまり水分を使いたくない場所や、直接吹きかけると液だれが気になる壁面などには、クリーナーをふきんにスプレーして汚れをふき取ってください。冷蔵庫の取っ手などの皮脂汚れが気になる場所も一緒に拭きとってみましょう。

まとめ

今回は冷蔵庫のお掃除について解説しました。

冷蔵庫につくのは主に「酸性」の汚れです。お掃除にはアルカリ性のクリーナー『水の【激落ちくん】400ml』がおすすめ。1本で冷蔵庫のお掃除ができる優れもの。

冷蔵庫のお掃除は庫内だけではなく、庫外やそのまわりもキレイにする必要があります。そして冷蔵庫のお掃除はホコリをとり除くことから始めましょう。

ぜひご紹介した冷蔵庫のお掃除するべき場所リストをチェックしながらお掃除してみてくださいね!

関連するコラム

RELATED POSTS

ONLINE STORE

【激落ちくん】のご購入は
お近くの小売店又は下記サイトにて

レック公式オンラインストアで購入する アマゾンで購入する 楽天で購入する

OTHER LEC BRANDS

レックの展開するその他のブランド