毎日使うからこそキレイに!炊飯器のお掃除方法をご紹介!

毎日使うからこそキレイに!炊飯器のお掃除方法をご紹介!

お掃除コラム 2021年5月31日

きっと多くのご家庭で炊飯器は、毎日のように使用されていることでしょう。炊飯器は使用頻度が高いからこそ、いつでもキレイな状態を保ちたいですよね。

ところで皆さんは炊飯器をどこまでお掃除されていますか?内釜や内蓋をお掃除されているという方は多いと思われますが、実は細かな部分にも汚れが付着しているため、お掃除する必要があります。

そこで今回は炊飯器のお掃除すべき場所やお掃除方法、おすすめのお掃除アイテムをご紹介します。

1 炊飯器の汚れについて

炊飯器の汚れの主な原因はお米に含まれる「でんぷん」です。お米を炊く際、圧力をかけて水を沸騰させるため炊飯器内には水蒸気が発生。その時にお米のでんぷん質と混ざりあった水蒸気が炊飯器内に充満し、内釜、外釜、内蓋やスチームキャップなどに付着します。

これを付着させたまま放置してしまうと、でんぷん質がカピカピに固まり汚れとして蓄積。さらに、この汚れをエサとして雑菌が繁殖し、ニオイやカビの発生に繋がります。

また、外釜の底に茶色や黒色の汚れが付着しているとしたらそれは焦げです。この焦げが付いてしまう原因は、内釜の底に付着した汚れです。汚れたまま内釜をセットすると、汚れが熱で焦げつき熱板を茶色ないし黒色に変色させます。

熱板に焦げが堆積すると内釜と熱板の間にすき間ができ、お米が美味しく炊けなくなることもあるため注意が必要です。

2 炊飯器をお掃除すべき場所

炊飯器に付着する汚れについて理解したところで、次はお掃除すべき場所を紹介します。

まず、内釜や内蓋は毎回お掃除することがベストです。見落としがちですが、外釜や炊飯器本体もこまめにお掃除することでキレイな状態を保つことができますよ。

お掃除する箇所が多く感じられるかもしれませんが、それぞれの箇所に合ったお掃除を行ないましょう。

2-1 お掃除を始める前の注意点と予防策

炊飯器は電化製品なので、水に濡れると故障の原因となります。本体に水がかからないよう注意が必要。電源を切り、コードが抜けていることを確認し、内釜や本体の熱が冷めてからお掃除を始めましょう。

また、お米を炊いて保温のまま放置されることもあると思いますが、できるだけ避けましょう。前述したとおり、お米のでんぷん質は雑菌のエサとなるほか、炊飯器内は高温多湿なため雑菌が繁殖しやすくなることも。そのため日常的に、食べない分は別容器に移して保存することをおすすめします。

2-2 毎回お掃除する場所

  • 内釜
    内釜に付くでんぷん質の汚れは水で落とすことが可能なため、基本的には水洗いで十分です。その際に研磨材を使用したスポンジや、タワシなどを使用すると内釜を傷つけてしまう可能性があるため、やわらかいスポンジを使用しましょう。
    米粒がこびり付いている場合、ぬるま湯に少しつけておくと汚れが落としやすくなります。それでも汚れが気になる際は、台所用洗剤を使用して汚れを落としましょう。
  • 内蓋
    内蓋は水蒸気を一番受ける箇所であり、雑菌が繁殖しやすい場所です。そのため、毎回のお掃除が必要。お掃除は内釜と同様、基本的には水洗いです。
    内蓋は構造上、内釜と異なり凹凸や溝が多いです。蓋の結合部分や細かい部分もしっかりお掃除を行ないましょう。
  • スチームキャップ
    見落としがちな場所がスチームキャップ。ここは、水蒸気が吹き出る場所です。このキャップも汚れが付きやすいため、毎回お掃除すべき場所でしょう。
    こちらも丸ごと水洗いし、複雑な構造をしているものは歯ブラシ等を用いてお掃除することもおすすめです。

2-3 週に1回お掃除する場所

週に1回お掃除する場所は、基本的には固く絞ったふきんで拭き掃除です。ガンコな汚れの場合は、セスキを使用すると良いでしょう。

  • 外釜
    外釜は固く絞ったふきんで汚れを拭き取りましょう。外釜は水に濡らすと故障の原因となるため、しっかりと絞ることが重要です。
  • 内蓋を外した場所
    内蓋を外した場所も水蒸気が入り込み汚れが付着します。外釜同様、固く絞ったふきんで汚れを拭き取りましょう。
  • 炊飯器の外側
    炊飯器の外側はセスキを含ませたふきんで拭き取ります。また、蓋の部分は溝もありホコリが溜まりやすいので忘れずにキレイにしておきましょう。

2-4 年に1回お掃除する場所

実は炊飯器にも吸気口・排気口が付いていることをご存知ですか?炊飯器の裏側には吸気口・排気口が付いています。

見落としがちですがここもお掃除すべき場所。汚れたまま放置しておくと炊飯器がうまく空気の取り込みや排出をすることができず、負担が掛かり故障の原因にもなります。

綿棒などでホコリを取り、乾いたふきんで拭き取ると良いでしょう。

3 【激落ちくん】アイテムを使った炊飯器のお掃除

2章では炊飯器のお掃除方法を場所ごとに紹介しましたが、炊飯器のお掃除には【激落ちくん】アイテムを活用することもおすすめです。

それではさっそく見ていきましょう。

内釜や外側のお掃除

  1. 内釜・内蓋・スチームキャップ

    水洗いが可能な内釜・内蓋・スチームキャップは『【激落ち】スポンジマイクロ&ネット』を使用してのお掃除がおすすめ。
    表面のグリーンのクロス面は超極細繊維を使用し、キズをつけずに水だけで汚れをスッキリ落とすことができるため炊飯器のお掃除にはもってこいです。
  2. 炊飯器の外側

    炊飯器の外側は『セスキの【激落ちくん】シートキッチン用』を使用してのお掃除がおすすめ。
    水拭きでは取れない汚れをマイナスイオンが包み込み、浮かせて落とします。また、炊飯器のように洗剤の使用を控えたい場所のお掃除にも便利です。

まとめ

使用頻度が高いからこそ、汚れも付着しやすい炊飯器。

キレイにするポイントは、お米を入れたままにせずこまめにお掃除をすることです。

使うたびにお掃除したとしても、でんぷん質をさっと洗い流す程度ですのでそれほど手間にはならないでしょう。ましてや、汚れを放置するにつれお掃除が大変になりますので、こまめなお掃除を心がけることが大切です。

炊飯器は私たちが口にするお米を炊き上げる家電製品。だからこそ常に清潔な状態をキープしておきたいもの。お掃除を後回しにし、汚れやニオイが付着した状態にしておくとお米の味を落とす可能性もあるため、なおさらのことですよね。

炊飯器をしっかりお掃除して、いつでもおいしいご飯をいただきましょう。

関連するコラム

RELATED POSTS

ONLINE STORE

【激落ちくん】のご購入は
お近くの小売店又は下記サイトにて

レック公式オンラインストアで購入する アマゾンで購入する 楽天で購入する

OTHER LEC BRANDS

レックの展開するその他のブランド