お掃除しやすい部屋ってどんな部屋?押さえておきたいポイントから家具選びまでご紹介

お掃除しやすい部屋ってどんな部屋?押さえておきたいポイントから家具選びまでご紹介

お掃除コラム 2021年2月17日

家具やものの移動、片づけなどで時間がかかる部屋のお掃除。

キレイにお掃除しようとすると1日かかってしまったなんてこともありますよね。

”もっと短い時間でお掃除できればいいのに…”と思っている方も多いのではないでしょうか。

短時間で効率的に部屋をお掃除するためにはまず、環境を整える必要があります。

そこで本記事ではお掃除しやすい環境の部屋をつくるためのポイントから、家具の選び方までわかりやすくご紹介します。

1 そもそもお掃除がしやすい部屋とは?

そもそもお掃除がしやすい部屋とは?

そもそもお掃除がしやすい部屋とはものが少なく、家具がお掃除の動線を邪魔しないように配置されている部屋のこと。

棚の上の置き物など多くのもの置いてある部屋はホコリがたまりやすく、お掃除する際にはものを移動しなければいけません。

つまりお掃除だけではなく、ものを動かすのにも時間がかかるということ。

そんな環境のお掃除に時間がかからないはずがありませんよね。

そして掃除機やフロアワイパーの動線を邪魔する位置に、家具が配置されていないことも大切なポイント。

つまりお掃除がしやすい部屋とはお掃除の邪魔になるものが置かれていない、掃除機やフロアワイパーをかけやすい部屋のことなのです。

2 お掃除しやすい部屋をつくるポイント

お掃除しやすい部屋をつくるポイント

2-1 家具の配置

家具の配置は掃除機やフロアワイパーのかけやすさを左右する大切なポイント。

棚類はもちろんテーブルやイスも部屋の中央に置かず、壁側に寄せて配置するのがおすすめです。

直線の動きのみで掃除機がけできるような、お掃除の際の動線を空けた配置の部屋がベスト。

また家具同士の間や壁との間にすきまができないように家具を配置すると、ホコリやチリがたまりにくくなってよりお掃除がしやすくなります。

2-2 ものは極力置かない

お掃除しやすい部屋をつくるためには、ものの整理整頓が必須。

収納を活用して床やテーブルの上はもちろん、棚の上にもものを置くのは避けましょう。

どうしても飾りたいものや目の見える位置に置いておきたいものはガラスの扉付き収納に飾り、直接置かないのがベスト。

置きものを減らすだけの工夫でホコリがたまるのを防ぎ、普段のお掃除がしやすくなるのです。

2-3 配線を工夫

お掃除しやすい部屋をつくるにはテレビや家電まわりの配線にも工夫が必要です。

配線は家具や棚に固定するか収納ボックスを活用し、直接床に置かないようにしましょう。

配線をそのままにしていると掃除機やフロアワイパーをかける時に引っかかったりして、お掃除しにくくなってしまいます。

2-4 敷物は敷かない

お掃除をしにくくしている原因は、床に置かれたものです。

それはカーペットを始めとした敷物類も例外ではありません。

部屋にカーペットを敷かないだけで、掃除機をかける時いちいちずらす手間を省けるのです。

カーペットなどを敷いている場合しっかりと手入れがされていないと、ホコリがたまったり毛が抜けてしまったりなどでお部屋を汚してしまうことも…。

そんな理由からカーペットはお掃除しやすい部屋には不向きなのです。

2-5 キャスターを有効活用

どうしても床に置かなくてはいけないものや、重くていちいち移動させるのが大変なものにはキャスターをつけるのがおすすめです。

あらかじめキャスターをつけておくことで、本来ならば重くて動かすのも一苦労なものでもお掃除の時だけスッと移動することができます。

しかしキャスターでラクに移動できるからといって、床にものを置きすぎてしまっては本末転倒。

あくまでも本当に床に置かなくてはならないものだけに、キャスターをつけて置くようにしましょう。

3 家具選び

家具選び

お掃除しやすい部屋づくりにおいて、家具選びはとっても大切なポイント。

お掃除の邪魔にならず、収納力が高い家具を選びましょう。

お掃除の邪魔にならない家具とは足がついていて地面との間に掃除機が入るすきまがある家具、もしくは地面との間にすきまがない家具のこと。

そして棚はホコリがたまりにくい扉つきのものを選びましょう。

ソファーやイス、テーブルなどの家具は、ものがしまえる収納付きのものがおすすめです。

4 片づけ

片づけ

整理整頓はお掃除の効率をアップするためには欠かせません。

まずものを出しっぱなしの状態で放置するのは避けましょう。

整理整頓のコツはズバリ”あらかじめものの置き場所を決めておくこと”。

ものが出しっぱなしになっている原因の多くは、いつも片づける定位置がないからです。

片づけのたびにいちいち収納場所を考えるのは面倒ですよね。

置いておける場所にそのまま放置しないためにも棚や引き出しの収納を有効活用し、ものを収納する定位置をつくりましょう。

まとめ

今回はお掃除しやすい部屋をつくるためのポイントをご紹介しました。

お掃除がしやすい部屋とはものが少なく、家具がお掃除の動線を邪魔しないように配置されている部屋のこと。

収納を有効活用し、棚やテーブルの上にものを置かないようにしましょう。

そして家具の配置もお掃除しやすい部屋をつくる上で欠かせないポイント。家具は部屋の中央に置かず、壁側に寄せて配置してみましょう。

どうしても床に置かなくてはいけないものがある場合にはキャスターをつけ、カンタンに移動できるようにしておくのがおすすめです。

部屋の整理整頓・家具の配置を見直して、お掃除しやすい部屋を目指しましょう。

関連するコラム

RELATED POSTS

ONLINE STORE

【激落ちくん】のご購入は
お近くの小売店又は下記サイトにて

レック公式オンラインストアで購入する アマゾンで購入する 楽天で購入する

OTHER LEC BRANDS

レックの展開するその他のブランド